記事を思いついたら

打ち上げ花火

急に書くことがひらめくことがあります。

しかもそういうときに限って書き切るだけの時間が無いんですよね。

そんなときは、どうしたらよいでしょうか。

わたしはこの前まで、スマホや紙に単語でメモしたりしていたんです。

わたしが挨拶を練ったり、必須リストや買い物リストでなじみのある方法だったからです。

でも、スマホのメモを改めて読む機会なんて案外ないものです。

そうこうしているうちに記事の旬を過ぎてしまったことがよくありました。

「その単語を後で読んでも意味がわからなかった」こともしばしばありましたw。

ですから、そういうやりかたはいまいちだなあ、どうしたらいいだろう、という思いでいました。

書きかける

今日ふっと、ベストな方法がひらめきました。
思えば単純です。

思いついたときに、WordPressの「投稿」の「新規追加」で標題と、内容のおおまかなことを2,3行書いて、とりあえず「下書きとして保存」しておけばいいんです。

思いつくなら何十項目でも。

「記事の卵」のようなものをWordPress書き残しておけば、必ず近日中に見ますし、標題と単文から必ず意味もわかりますし、すぐ取りかかれてはかどりますし、膨らますだけなら簡単です。

後でゆっくり見たとき、つまらないと思うこともあるでしょう。

それならもちろん、単に削除すればいいんです。

人間、忙しくてたまらないときもあれば、記事が書ける 暇でしょうがない時間も必ずあります。

暇なときに下書きを見て思い出して、書き切ればいいんです。

実際に書く場所に卵を残せば、いちばん現実的。

そんな単純なことに、やっと気がつきました。

わたしの人生は、いつまでたってもそんな気づきの繰り返しです。

こんなことでは、わたしが人生の真実に気がつくのは、いったいいつのことになるのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です