ズボンばかりがなぜ傷む

上着は傷まないのに

サラリーマンにスーツはつきものですが、悩ましいのはなんといっても、ズボンばかりが傷むことです。

一時期ツーパンツスーツというのが流行りましたが、消費者視点で言うとフォーパンツスーツくらいでちょうどいいと思います。

左ポケットの謎

5月の連休も過ぎて暑くなってきたので、衣替えしました。

上着なしの長袖ノーネクタイスタイルになったんですね。

朝の着替えもかんたんで、上着とネクタイがないっていうだけでだいぶラクです。

そしたら、冬のスーツをクリーニングに出そうとした嫁さんが、「なにこれ~?クリーニング出せんわー」って叫びました。

「スーツの上はいいのに、ズボンの左ポケットだけ凄く擦れてほどけてだめになってる」って。

ズボンが全体テカテカになってるだけじゃないです。

わたしの場合特徴的なのは、ズボンの左ポケットだけ擦り切れたようにボロボロになるんですね。
右ポケットはふつうに健在。
他のズボンを見ても、左右とも健在です。
なぜそうなるのかはナゾです。

不思議なのでズボンの使い方を振り返ってみました。

右ポケットには…ハンカチと車のキーを入れる。

左ポケットには…スマホを入れる。

財布の場所を変えた頃

ちなみに、財布は左胸のポケットに入れます。

財布は、さかのぼることン十年、大学の2年までは尻ポケットに入れる習慣でした。

それで、トイレの大(和式)で突っ張るものだから財布を前の棚に置いて、終わったらそのまま出てしまいました。
お尻は鈍感なので、忘れても気づかないんです。

10分後慌てて戻ってきたら、もう財布はなし。
学生部に何回行っても届け出はなし。
仕送り直後で財布にはその月の生活費6万円が入っていました…。
その月のやりくりは大変でした。
ネコババクソ野郎は今どこでどうしていることだか。
それ以来、財布は左の胸ポケットです。

仕分けの理由

財布の後悔談はともかく。

そういう仕分けだと、スマホがキーで傷だらけにならない。
財布の中のクレジットカードも、スマホの磁気でダメにならない。
ていうようなことで都合がいいんで、何十年そんなスタイルです。

今風にセカンドバッグを持ったりしないので、身につける場所はかなり整理が必要なんです。

左ポケットの謎、再び

これでなんで左ポケットだけがボロボロに傷むんだろう。
振り返ってみました。

トイレに行けば右ポケットからハンカチを出し入れします。でも右ポケットは傷まない。

ふだんスマホは左ポケットから出し入れします。そうすると左ポケットはボロボロになる…?

気がつきました。左手に10年来している電波時計のリューズにけっこうシッカリしたギザギザがついていることに。

これでスマホを出し入れするたびに左ポケットの生地をこすって傷つけていたんでしょうね。

でも夏のズボンなどはそんなに傷んでもいないので、いまひとつ腑に落ちませんが。
大きさにゆとりがあってリューズが擦れないとか、繊維材料が違うのかも知れません。

上着の活用

どっちにしても上着があまりにも健在なので、その活用ができないかと思って、いろいろググってみました。

みなさまの意見としては、スーツの上といわゆるジャケットは作りが違う。

似ているように見えても生地や光沢や風合いやシルエットが違う。

見る人が見ればスーツ上下でないのは歴然で恥をかく

だから、やめた方が無難、というような否定的な意見が多いようです。

微妙なものなんですね。

ズボンだけの購入は

今回、特に参考になったのは下記の記事です。

スーツのズボンだけ購入できる?

ビジネスシーンではやめた方が無難かも、というご意見です。

大変よくまとまっていて、ズボンのことは置いといて、ブログってこういうまとめ方が大事だなっていう目線で見てしまいました。

秋の作戦

でもわたしも今は「終わった人」なので格好なんて多少ちぐはぐでも構わないような気もします。明日にでもイオンの紳士服売り場を覗いてみようかなと思うわたしなのでした。

(あ、でももう夏物しかないか~。夏が終わった頃になるのかもしれませんね。秋の作戦としてスマホに書き留めておこう、メモメモ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です