催眠術師

マネーの虎

昨日、とんこつラーメンなんでんかんでんの川原元社長がテレビに出ていました。

昔、マネーの虎でよく見かけた方です。

今は催眠術師をやってるんですね。

驚きました。

なんでも前から催眠術はできて、10人くらい集めて一人8万円で教えてるみたいです。

ニワトリ催眠術

わたしも若い頃ニワトリに催眠術をかけたことがあります。

ニワトリはいきなりひっくり返すと防衛本能から固まっちゃうんですね。

目はパチパチしてますけど。

ただそれだけのことです。

でも知らない人はびっくりします。
いちばんびっくりしてたのはニワトリかもしれませんけど。^^;

意識の狭間

社長さんが催眠術かけるのを見ていて気づいたことがあります。

とうとつに「あなたの出身地は?」と聞いて相手が答えようと息を吸った瞬間にバチンと指を鳴らして術をかけていました。

きっと緊張と弛緩の間に無防備の一瞬があって、暗示をそのタイミングで入れるのでしょう。

そういう瞬間は人のふだんの生活にも存在するはず。

興味深いです。

堅実の優位性

あとラーメンやってるころは仕入れとか月末の支払いがたいへんだったけど、催眠術講習は元手(経費)が要らないからいいwって言ってました。

確かに、ふつうの商売では売り上げのうち経費がかなりの部分を占めます。
そうした商売が成長すれば当然、売り上げ、経費とも増大します。
その時社長の言うようなアクシデントが起こって、売り上げが二分の一、四分の一になったとしたら、固定経費は変わりませんから、赤字が積み上がっていくわけです。

そうした結果、最後に「大きな」借金が残ると。

だったら経費の大きい商売で成功しても、しょせん「掛け金の大きくなったばくち」、
破綻の可能性は同じくらいあることを考えれば、「事業規模拡大になんの意味もない」ですよね。

そう考えたら催眠術師やネットビジネスのように元手いらずで、失敗しても骨折り損のくたびれ儲けで終われる商売ってなんて素晴らしいんでしょうw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です