FTPソフト

1年を振り返って

ブログを始めてから1年たちました。

昨年の10月にライブドアブログを始めて、11月の初めに独自ドメインに移行して。

今年の4月にはライブドアを卒業してエックスサーバの無料レンタルサーバに引っ越して。

あとの二つが特に大変でした。

先週ドメイン更新の支払いをしましたのでもう1年このドメインで書くことは確実です。

またこのへんで、なにかを進めていきたい気がしています。

有料サーバにするのか。

ドメインを増やすのか。

再度アドセンスに挑戦するのか。

とりあえず、3つめでしょうか?

ペラサイト

少し前にはペラサイトにも興味を持っていました。

web屋さんのサイトを見ていたら、「Siriusでサクッと作りました」って言って、 知り合いのスナックのHPを作っておられました。

見事なそのHPを見て、HTMLで作った1枚モノのペラサイトもすぐ役にたつし いいものだなって思って、ペラサイトにも興味がわきました。

すぐに興味が変わってしまって一貫したテーマで書けないわたしにも、単発サイトなら向いている とも思ったからです。

ただしペラサイトを大量に作るには渡らなければならない深くて暗い川があります。

それは…

Siriusが必要

24,800円

WPでは設定に時間がかかるので量を作るのは非現実的。

Sirius以外にないんですよね。使えそうなソフトって。

WPのように無料である程度使えそうなHTMLソフトがあればそっちからいくんですど、皆無です。

その意味では若干仕様は古くても、HTMLソフト界を独走しているSiriusはたいしたものです。

大量ドメインが必要

大量ペラサイトには大量ドメインがいる。

  1,280円/年×100=128,000円/

ペラサイトはデータベースは不要でも、いちいちドメインがいります。

100のペラサイトをSiriusで作るなら、100のドメインがいる。

経費的にはいちばん深刻で、実行するならかなりの成算が必要です。

ただし、誰かにHPを作ってSirius代くらい稼ぐというだけなら、ドメインの心配は不要です。

有料レンタルサーバが必要

900円/月×1.08×12月=11,164円

エックスサーバの無料レンタルサーバはドメインが20個まで。

Siriusでペラサイトを作るなら有料サーバにしてドメイン無制限とする必要があります。

Sirius代を惜しんでWPでペラサイトを作るのは、無理があります。

作りづらい上に、有料レンタルサーバでもデータベースが50個といずれにしてもデータベース数に上限があるからです。

管理が大変!

IDもパスワードもあふれかえるしログイン・ログアウトにも時間がかかります。

1冊の本の内容を、数百枚のプリントで渡されるようなものですから。

ですが、要はペラサイトに頼らなくても、WPで大量の小記事が有機的に階層化できるならそれでいいわけです。

そのほうがドメインもデータベースも一つでよく、管理は圧倒的にラクだしよけいなドメイン代もかからないし、有料のCMSソフトも買う必要がないです。

早い話、いまのドメイン一つ、無料レンタルサーバ環境でも巨大サイトが作れます。

Filezilla

…いろいろ見て回った限りでは、FTPソフトにその鍵がありそうです。

代表的なのはFilezilla

WPのように今も改良・更新され続けていることが優れています。

Filezillaの使い方と設定方法

こうしたソフトを通してディレクトリの階層構造を目で見ながら、小記事を作っては目指すディレクトリにアップロードしていくという形が、巨大サイトの正体で目指す理想の形なのかな、という気がしてきました。

となれば、あとはFilezillaをインストールして使ってみるだけですよね。

がんばります。^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です