XFREE(無料サーバ)の契約更新手続き

X FREE(無料サーバ)の更新手続き開始

わたしの利用しているXドメイン無料レンタルサーバの業務は少し前に、Xドメイン株式会社の業務から、別会社XFREE株式会社の業務となりました。

併せて、無料レンタルサーバの名称も「X FREE」となっていました。

へー、そうなんだ。くらいにしか思っていませんでしたが、今日「契約更新手続きの義務化」というメールが来ました。

何のことだろうと思ってメールを開いてみたら、「3カ月毎の契約更新手続きを義務化いたします。」とのことです。

かなり間隔が短いですが、更新手続きは期限の2カ月前から可能とのことです。

以前は契約更新手続きは不要だったのですから「更新制度開始」といったところです。

放置されている無料サーバがあるので、利用者を整理していくという趣旨のようです。

X FREEとなって…

XFREEに名称が変わってからも、特段なにもすることはありませんでした。

相変わらず無料でレンタルさせていただいているだけで、しばらくログインさえしていませんでした。

無料サーバについてXドメインさんからスマホによく来るお知らせメールに、よく「何もする必要はありません」というフレーズがありました。

わたしはメールであの素晴らしいフレーズを見るたびに、すごく安心して癒やされました。

「いろいろお伝えしますけど、要は 何もする必要はないんですよ」っていう冒頭の言葉はわかりやすくて親切で気が利いていて、ほんとうに優しい会社柄を表すフレーズだなって、いつもシビれていました。

その無料サーバが「更新の義務化」だなんて。

3カ月毎に更新しなければオワリだと思うと、なにげに緊張します。

X FREEの更新手続

スマホに届いたメールによると、ログインして「更新」を押すとのことです。

以前していたようにXドメインにログインしてみましたが、どこにも「更新」ボタンはありません。

ここではないらしい。

次に「XFREE」でぐぐってみました。

XFREEのサイトが出てきました。

XFREEにログインということ?

でもIDとかパスワードは?

XFREEで、闇雲にXドメインのID、パスワードを入れてみました。

入れた!

「ID、パスワードはXドメインの無料サーバレンタルとおなじ」ってっことだったようですw

手順

①XFREEにログインする。(ID,パスワードはXドメインの時と同じ)

②最初の画面に「無料更新」のボタンがある(ボタンは、HTML、PHP・MySQL、Wordpressの3種類あり、HTMLと他の2種で更新期限がずれている。)ので3つともポチポチ押す。

やってみたら、超かんたんでした。

あとは、3カ月毎と更新期間が短いので、Googleカレンダーにでも書いておいて早めにポチるだけですね!(^o^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です