書留と特定記録郵便の追跡のしかた

書留と特定記録郵便

今週は子どもの大学出願をしました。
その際 速達と同時にA校は書留、B校は特定記録の指定がありました。

どちらも配達記録が残り比較的厳格に扱われる郵便の種類です。

ネットでの追跡も今回初めてしてみていい勉強になりました。

いい機会ですので、この際 違いを整理して自分の覚えとしておきたいと思います。

書留 +430円

引受・中継局・配送までの配達記録が残る。
10万円までの補償がある。

簡易書留 +310円

引受・配送の配達記録が残る。

5万円までの補償がある。

特定記録 +160円

引受・配送の配達記録が残る。

補償はない。

こう見てみると、出願書類は金銭的価値はないので、書留を指定したA校は中継局全ての記録も必要と厳格に考え、特定記録を指定したB校は引受と配送(受取)の記録で十分と考えたのでしょう。

それぞれ理にかなっています。

わたしなら、特定記録が格安だし受取(時刻)記録は確認できるので、特定記録で十分と考えるでしょうか。

追跡のしかた

今まで「簡易書留」は山ほど出したことがあるのですが、トラブルもなく追跡確認もしたことがありませんでした。

でも今回は実際到着したか、自分が出した責任上不安なので、追跡確認をしてみることにしました。

実際、追跡確認して安心しないなら、なんのための書留、特定記録か分かりませんし、ネットの時代だから思うよりカンタンかも知れません。

「書留」「簡易書留」「特定記録」共通

郵便局でもらった「書留・特定記録郵便物等受領証」を用意します。

「書留(特定記録)」「お問い合わせ番号」で検索→郵便局の「郵便追跡サービス」個別番号検索※→「お問い合わせ番号」欄にお問い合わせ番号を「123-12-12345-1」のように入力→追跡スタート→「引受・(中継局)・配送」表示

「個別番号検索」は、1件だけ追跡するときに使います。通常はこれでいいはずです。
「連続番号検索」は、複数件を郵送して、連続で複数件追跡するときに使います。

やってみると、A校、B校とも発送翌日の10時頃には宛先に届いていることが確認でき、大安心でした。

A校の書留では3回も中継されている配送の様子がつぶさにわかり、さらに安心でした。
履歴情報をカラーコピーして各校の要項と一緒にクリアファイルに入れておきました。

ほんとにカンタンです。
せっかくの追跡機能ですから、ぜひ、みなさまも追跡確認してみて下さい。(^o^)

感想

今まで仕事でたくさんの「簡易書留」を出してきましたが、「補償」の期待できる有価証券等の書面は少なかった気がします。

簡易書留310円。特的記録160円。
だったら指定がない限り、補償がなくて格安の「特定記録」を使った方がお得になりますね。

あと、配達証明310円というのもあります。
これは「郵便物等配達証明書」という書面があとで郵送されてくるものです。
これには「お問い合わせ番号」の他、受取人の氏名と配達月日が記載され、日本郵便株式会社が証明した書面です。

補償が必要ない場合、同じ310円を使うなら、確認できるだけの簡易書留より、確認できて「証明書」が手元に残る配達証明にしたほうがお得ですね。

郵便の特性を知ってお得に利用しましょう。(^_^)b

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です