速聴の弊害

前 速聴の弊害についてお話しすると言って、すっかり忘れていました。

人間関係

みなさんは、ふつうの1/2の速さで「ゆ   っ   く   り   と」話す人物と会話をしたことがおありでしょうか。

倍速の速聴をしばらくすると頭の回転が異様に速くなります。

人の言いたいこともすぐわかるし、アイデア意見突っ込みもすぐ浮かびます。

資料を読むのも早くなるし仕事もあっという間に片付きます。

なんとなく見聞きしていたこともかなりの精度で思い出せて、地頭がよくなったと感じます。

でもいいことばかりではありません。

まわりくどい説明にはイライラを感じます。

話し方も早口になるせいか、「なんで怒ってるんですか?」って言われたりします。

こうしたらいいんじゃない?って即答すると「ちゃんと聞いて下さい」って言われます。

頭に口が追いつかず、どもったりします。

気づきの間隔が短かすぎて、行動がコマネズミのように空回りしているように見えます。

「ささいなこと」に腹が立ったりします。

そうした一連のことから、人間関係が悪くなりがちです。

これは大きな問題です。

秀才がどうして人とぶつかるのか、それが肌でわかります。

田舎に住んでいると、都会ほど急がないことが多いので、重要度が 「人間関係>処理能力の高さ」 となります。

ですから、人間関係を優先して、速聴訓練をやめてしまう人さえいます。

長短

少し前、「長短」という落語を柳家三三さんがやっていました。気の短い人と気の長い人、友人同士の会話です。

そういう噛み合わない状態になります。
どうすればいいのでしょうか?

人が相手の場合は、最後まで話を聞いて、「強く意識してゆっくりと」対応するのが、人間関係を考えるとちょうどいい気がします。

次は速視についてお話ししたいと思います(忘れてなければw)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です