サルでもできるページ内リンク2~TinyMCE Advancedで見出しにリンク

「見出し」にページ内リンクする

先月、YUMEさんのおかげで、WordPressのプラグインであるTinyMCE Advancedを使ってカンタンにページ内リンクを作る方法はわかりました。

これは文字列である「リンク元」から文字列である「リンク先」まで跳ぶやり方でした。

先月のリンク実験で、カンタンにできると実証されました。

でも、実はわたしが以前から憧れていたのは、「目次から各見出しにリンクする」といったような、もっと体系的な形です。

これは誰もがわかりやすいし、望ましいと思う基本的な形だと思います。

各見出しにリンクするには?というのは、前回の宿題でもあります。

この機能を備えた有償テーマを購入することは簡単ですが、とりあえず無償テーマで自分でできる知識は欲しかったんです。

Googleアカウントの記事で実験してみた

そうなれば、話は簡単です。

知ってる知識の範囲内で、既存の記事、ページ内リンクしていない記事で実験してみればいいです。

Googleアカウントの記事で実験(手入れ)してみました。

前回と同じやり方で、リンク元は文字列「有効な対策」、リンク先は最後の見出し「有効な対策」

スマホでやってみたら、きれいに跳びました。

ページ内リンク先は、要は文字列でも、見出し文字列でも同じ要領のようです。

単純なことでした。

また一つ、基本的なことがわかりましたw

ひとつ、ひとつ ですね…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です