Googleアカウント・Gmailを電話番号なしで取得する方法

Googleアカウントが取得しにくくなった

最近Googleアカウントが取得しにくくなりました。

いちいち電話番号認証を求められます。

そんな中で、わたしは電話番号を使わずに多数のGoogleアカウント・Gmailを作ってきました。

その経験から、電話番号を使わずにきるだけ手間をかけず簡単にGoogleアカウントを作る方法をお伝えしたいと思います。

以下、現在に至る経緯を振り返ります。

手っ取り早く方法だけを知りたい方は、ここから「簡便に飛んで下さい。

Googleアカウント取得の基本的な手順

Googleアカウントを取得したいが電話番号は使いたくないという方の基本的な手順は次のようになります。

Googleアカウントの作成画面を参考に載せますので、説明と一緒にご覧下さい。

【基本的な手順】

Google検索画面→右上のGmail→アカウントを作成する→Googleアカウント作成画面→姓名・ユーザー名をアルファベットで入力→パスワードを英数字8文字以上で入力→次へ→(続く)

(続き)→電話番号(省略可)は無視→再設定用のメールアドレス(省略可)は無視→生年月日・性別は適当に記入→次へ→プライバシーと利用規約→同意する…で完了です。

唯一の問題は、電話番号認証の箇所です。

最初から、あるいはしばらくして、「電話番号(必須)」となって前に進めないのです。

電話番号認証の理由

以下の二つのようです。

1 アカウント一人一つ原則

スパムと疑われている

電話番号(必須)となる原因

以下の4つのようです。

1 同じ機器

2 同じIPアドレス

3 同じブラウザ

4 時間・回数制限を超えた

電話番号認証を回避する方法(案)

よって、電話番号認証を回避する方法として以下が想定されますので、検証してみます。

①機器を変更する

②IPアドレスを変更する

③キャッシュを削除する

④ブラウザを変える

⑤時間をおいて挑戦する

⑥短い回数・時間で作業する

結果は下記のとおりです。

① 機器の変更

パソコンでなく、スマホからアカウント作成。

一発で作れました。
効果がハッキリしています。

すぐ新規アカウントを作りたいならこれがいちばんのようです。

【問題点】
わたしはスマホからそのアカウントを使う気はないのですぐ表示を消したのですが、スマホにひっきりなしにログインエラーが表示されます。

いちいち消せば消えるのですが、数分すると再表示されます。

かなりうざいです。(-_-;)

となると、スマホでは使いたくないアカウントなら、この方法はまずいです。

【使わないアカウントのスマホからの削除方法】
最後にはそのアカウント自体をパソコンから完全削除してスマホのキャッシュも消去したんですけど…それでも出てくるんですよね。

思い切って、スマホに必要なアカウントも含めてGアカウント「全部通知無効」(削除はしないとしてから再度「全部登録し直し」ました。

そしたらやっと出てこなくなりました。(´д`)ホッ

② IPアドレスの変更

パソコンで、ゲートウェイのコンセントを抜き差し。

5分以上待ってコンセントを抜き直す。

そうするとIPアドレスが変わります。

…でも、やっぱり電話番号認証画面が出てきます(!)

IPアドレスの変更だけでは、手間がかかる上に効果も見られませんでした。

③ キャッシュの削除

【キャッシュの削除の手順(Chromeの場合)】
右上の三点メニューマーク→その他のツール→閲覧履歴を消去→基本設定・詳細設定→データを削除

キャッシュの削除をしない場合に比べて、キャッシュを2~3回ごとに削除したばあいは、作業の回数・時間が数倍に延びました。

10アカウントほど連続で作れることもあるようになりました。

キャッシュの削除は、1回ごとにする必要はないようですが、4回ごとではやや 長すぎます。

2~3回毎が必要十分と思われました。

④ ブラウザの変更

Chrome、Edge、IEとブラウザを変更しながら作業してみましたが、一つでダメな場合は他でもダメで、特段の効果が見られませんでした。

⑤ 時間をおいて挑戦

1日程度時間を置くと、数個は作れることが多いです。

機器の変更の次に、効果がハッキリしています。

いちばん基本的な方法と言えるようです。

⑥ 短い時間・回数で作業

シンプルで使いやすいアカウントを取ろうとするとすでに払底していて、取得までに回数も時間も要します。

その結果、回数・時間制限に阻まれて十分に取得することなく終わりになりやすいです。

ですが、後述の方法により予め未使用アカウントを確保しておくことで、本番では限られた時間内で10個以上もの取得がふつうにできるようになりました。

「簡便法」

以上から試行錯誤して手法を洗練した結果、電話番号を使わず、手間を掛けずにGoogleアカウントを作り出す「簡便法」を編み出しました。

下記のA~Cです。

ブラウザはChromeのみ使用します。

A 2個取得するごとに、いったんキャッシュを削除する

アカウント取得画面へのアクセスが記録されているCookieは、Googleにスパムと誤解されるもとであるため、2個取得するごとにキャッシュを削除します。

【キャッシュの削除の手順(Chromeの場合)】

右上の三点メニューマーク→その他のツール→閲覧履歴を消去→基本設定・詳細設定→データを削除

これにより、1回で10個以上の取得が可能になります。

注意

キャッシュを削除した後、次に取得のため「入る画面」に要注意です。

初期画面で右上の「青枠のログイン」から入ると、中央に取得アカウントが積み重なって見えている画面となるのでキャッシュを削除した効果がなく、すぐ行き詰まります。

そうではなくて、初期画面で右上の「Gmail」から入ります。

そうすると下の画面になるので、右上または左下の青枠の「アカウントを作成」からから入ります。これでキャッシュの削除の効果が発揮され、10個連続取得が可能になります。

基本画面

B 電話番号(必須)となったら、未使用アカウントを確保する

Googleアカウントがいくつか作れても、いずれは「電話番号(省略可)」が「電話番号(必須)」 となって、電話番号認証しないとGoogleアカウントが作れなくなります。

これは時間及び回数にランダムな制限がかかっているからのようです。

ですが、まだできることがあります。

未使用アカウントを確保し、次回に備える作業です。

作業内容

最後に作ろうとしたアカウントをメモする。

続けて、アカウント作成画面に戻っていろんなアカウントを試行してみて、電話番号認証画面まで進めたアカウントを全部メモしていく。

目安は10個程度です。

電話番号認証画面まで進めたということは、現時点で未使用アカウントだからです。

この作業によって、後日 確実に作れるアカウントが確保できます。

※未使用アカウントを10個前後確保した時点で、

Googleアカウントを作成できません
現在、Googleアカウントを作成することはできません。
しばらくしてからもう一度お試しください。

とのメッセージが出るので、終了します。

効果

いきなりアカウント取得できるのは1回あたり0~3個(中央値1.5個)程度です。

B作業でアカウント確保できるのは1回あたり1~15個(中央値10個)程度です。

確保の方が牽制アルゴリズムが甘く、大量にできます。

したがって、いきなりアカウント取得するのではなく、

①B作業で未使用アカウントを多数確保する→②そのアカウントを使って後日まとめてアカウント取得する。

この手順で、効率のいいアカウント取得が可能になります。

B作業済みアカウントを使用してキャッシュを削除しながら10回試行した結果、個数別取得回数は下記のとおりでした。

0個         4回  →取得0個
1~5個     2回  →取得6個
6~10個   1回  →取得8個
10個以上   3回  →取得30個   計44個÷10回=4.4個

いきなりアカウント取得する場合にくらべて1回あたりの取得数が約3倍になっているのがわかります。

C 1日置いて再挑戦する。

Googleアカウントの確保自体が強制終了となったら、今できることはありません。

そうなったら、1日程度時間をおくことです。

そうすれば、また「電話番号(省略可)」状態に復帰することが多いです。

 

注意

ここで、半日程度時間をおくようなせっかちなやり方は、かえって遠回りです。

試しにやってみましたが、(12時間後試行)「電話番号(必須)」→(12時間後試行)「電話番号(必須)」の繰り返しとなってしまい、何日経っても1個も増えませんでした。

したがって、18時間はアカウント作成画面に触らず、「毎日18時~24時に試行する」ような定期的なやり方が理想です。

A~Cのセットで、今ではアカウントを継続的に作ることができるようになりました。(^_^)b


次回は、成立しやすいアカウントつづりと、管理の容易なパスワード/生年月日についてお話しします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です