Googleアカウント・Gmailを電話番号を使わず取得する方法

Googleアカウントが取得しにくくなった

最近Googleアカウントが取得しにくくなりました。

いちいち電話番号認証を求められます。

そんな中で、わたしは電話番号を1回も使わずに多数のGoogleアカウントを取得してきました。

アカウントを1個作るだけなら、繰り返せばいつかは作れます。

でも複数作りたいなら、最小限の知識とコツを知っている方が効率的です。

今回は、複数のGoogleアカウントを効率的に作るコツをお伝えしたいと思います。

早く結論だけを知りたい方は、ココから「3Kに飛んで下さい。

Googleアカウント取得の基本的な手順

Googleアカウントを取得する基本的な手順は次のようになります。

Googleアカウントの作成画面を参考に載せますので、説明と一緒にご覧下さい。

【基本的な手順】

Google検索画面→右上のGmail→アカウントを作成する→Googleアカウント作成画面→姓名・ユーザー名をアルファベットで入力→パスワードを英数字8文字以上で入力→次へ→(続く)

(続き)→電話番号(省略可)→再設定用のメールアドレス(省略可)生年月日・性別を記入→次へ→プライバシーと利用規約→同意する…で完了です。

ここで唯一の問題は、電話番号認証の箇所です。

ここで、「電話番号(必須)」となって、電話番号の入力なしには前に進めないケースがあるのです。

電話番号(省略可)となるか電話番号(必須)となるかは、取得作業のたび変わります。

電話番号の要否の確率はほぼ半々です。

ですから、特に工夫しなくても、繰り返しやっていれば必ず電話番号を使わずにアカウントを作れるときは来ます

そもそも、どうして電話番号の要否がランダムに移り変わる取扱いなのでしょうか。

Googleとしてはなるべく多くの人に1個または数個のアカウントを電話番号付きで登録、利用してもらい個人情報とIDを紐付けするのが理想です。

電話番号必須としてGoogleアカウント自体を忌避されるのも、電話番号不要としてスパムに野放図にアカウントを作られるのも望みません。

電話番号が必要だったり不要だったりすれば、ほとんどの人が便利なGoogleアカウントを作り、その大多数は素直に電話番号を使う—その均衡で収益最大化との判断と思われます。

また、電話番号の要否は、確率的には半分でも偏りが大きいです。

3日連続で必須でアカウントが1個も作れないこともあれば、3日連続で省略可で4個/回×数回のアカウントが毎日作れることもあります。

作れる個数や次回までのスパンには、偏りに応じた「反動」があるので、一喜一憂する必要はありません。

電話番号認証の理由

主に以下の二つのようです。

1 アカウント一人一つ原則

2 スパム回避

電話番号(必須)となる原因

主に以下の4つのようです。

1 同一機器

2 同一IPアドレス

3 同一ブラウザ

4 時間・回数制限超過

電話番号認証を回避する方法の検証

以上から電話番号認証を回避する方法として下記が想定されますので、検証してみます。

①機器を変更する

②IPアドレスを変更する

③キャッシュを削除する

④ブラウザを変える

⑤時間をおいて挑戦する

⑥短い回数・時間で作業する

結果はこうでした。↓

① 機器の変更

スマホからアカウント作成。

一発で作れました。

すぐ新規アカウントを作りたいならこれがいちばんのようです。

ただスマホでアカウントを作ることは、メインのアカウントでない場合はお勧めできません。

② IPアドレスの変更

パソコンで、ゲートウェイのコンセントを抜き差し。

そうするとIPアドレスが変わります。

…でも、やっぱり電話番号認証画面が出てきます。

IPアドレスの変更だけでは、手間がかかる上に効果も見られませんでした。

③ キャッシュの削除

【キャッシュの削除の手順(Chromeの場合)】
右上の三点メニューマーク→その他のツール→閲覧履歴を消去→基本設定・詳細設定→データを削除

キャッシュの削除をしない場合に比べて、キャッシュをたびたび削除したばあいは、作業可能回数が有意に延びました。

④ ブラウザの変更

Chrome、Edge、IEとブラウザを変更しながら作業してみましたが、作成可否は共通で、特段の効果が見られませんでした。

⑤ 時間をおいて挑戦

半日程度時間を置くと、また作れるようになります

いちばん基本的な方法と言えるようです。

「3K法」

以上から試行錯誤して手法を単純化した結果、電話番号を使わず簡単にGoogleアカウントを作り出す「3K法」を編み出しました。

3Kとは、A:キャッシュの削除、B:アカウントの確保、C:時間間隔という3手順の頭文字を取ったものです。

効果のまちまちな手法を併用するのではなく、効果のハッキリした3手法だけ使って単純かつ効率的、継続的にアカウントを取得します。

なおブラウザは単純化のためChromeのみ使用します。

A アカウントを2個取得するたびに、キャッシュを削除する

アカウント取得画面へのアクセスが記録されているCookieは、Googleにスパムと誤解されるもとであるため、アカウントを2個取得するたびにキャッシュを削除し、連続取得につなげます。

【キャッシュの削除の手順(Chromeの場合)】

右上の三点メニューマーク→その他のツール→閲覧履歴を消去→基本設定・詳細設定とも→データを削除

注意

キャッシュを削除した後、次に取得のため「入る画面」に注意してください。

初期画面で右上の「青枠のログイン」から入ると、中央に取得アカウントが蓄積している画面となるのでキャッシュを削除した効果がなく、すぐ行き詰まります。

ですので、初期画面で右上の「Gmail」から入ります。

すると下の画面になるので、右上または左下の青枠の「アカウントを作成」からから入ります。これでキャッシュの削除の効果が発揮され、連続取得が可能になります。

基本画面

B 電話番号(必須)となったら、未使用アカウントを確保する

Googleアカウントがいくつか作れても、いずれは時間・回数制限等により「電話番号(省略可)」が「電話番号(必須)」 となって、電話番号認証しないとGoogleアカウントが作れなくなります。

そうなったら、とりあえずアカウント作成は諦めます。

代わりに、未使用アカウントを確保して次回に備えましょう。

作業内容

最後に作ろうとしたアカウントをメモする。

続けて、アカウント作成画面に戻っていろんなアカウントを試行してみて、電話番号認証画面まで進めたアカウントを全部メモしていく。

多ければ多いほど、次回が効率的です。

電話番号認証画面まで進めたということは、現時点で未使用アカウントだからです。

この作業によって、後日 確実に作れるアカウントが確保できます。

※未使用アカウントの確保作業は、10個前後確保した時点で、

Googleアカウントを作成できません
現在、Googleアカウントを作成することはできません。
しばらくしてからもう一度お試しください。

とのメッセージが出るので、終了します。

効果

いきなりアカウント取得できるのは1回あたり0~4個程度です。(取得制限)

そのあとアカウント確保できるのは1回あたり10個程度です。(確保制限)

したがって、いきなりアカウント取得するのではなく、事前に未使用アカウントを多数確保蓄積することで、後日のアカウント取得作業を間接的に効率化します。

半日の間隔置いて再挑戦する。

Googleアカウントの確保作業が強制終了となったら、今できることはありません。

そうなったら、半日程度の間隔をおくことです。

そうすれば、また「電話番号(省略可)」状態に復帰し、毎回0~4個程度アカウント取得ができます。

そうすることで、1日に0~8個程度のアカウントが自然に作れます。

※何個作れるかは毎回かなり不規則ですが、1週間程度を均せばおおむね上記のとおりとなります。

A~Cのセットで、今ではアカウントを効率的に作れるようになりました。(^_^)b


次回は、成立しやすいアカウント発見のテクニックと便利なサイト、単純管理できるパスワード体系についてお話しします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です