エプソンの互換性インクメーカー 比較

プリンタのインク代が高すぎる

ここ数年感じていたことがあります。

プリンタのインク代がやけに高いのです。

わたしはずっとエプソンのインクジェットプリンタを使っています。
インクタイプのニックネームは「クマノミ」です。

性能には満足しています。
印刷のできばえや使い勝手も最高で、キャノンやブラザーがどんなか知りませんが、他メーカーの製品には替える気がしないほどです。

プリンタ本体もどんどんコンパクトで多機能で安くなってきていて、昔4万円のものが3万円、2万円となってきました。
これで、廃タンクがいっぱいになる8年くらいは使えますから、うれしい限りです。

最近の2万円弱のプリンタは印刷、コピー、スキャナはもちろんのこと、驚いたことに自動両面印刷までできます(2年近く使っていて、最近、気がつきましたw)。

ところが、まさに販売戦略なのでしょうがインクは逆にどんどん高くなってきています。

カラー6本セットで昔エディオンで5,000円くらいだったものが6,000円余りとなり、今は9,000円…

年賀状も合わせると年2セットくらい使う感じなので、年18,000円。
1年で本体代くらいかかってしまいます。

本体がいくら安くても、インク代が毎年本体代くらいかかっては、たまりませんよね。(>_<)

エプソンはつよインクと言って、インクジェットではありますが発色が鮮明な上に長持ちするのが特長です。

でもわたしの用途はふつうのコピー用紙モノクロ大量に印刷することが多いです。
鮮明さはあまり要求しないし、その場が見れれば長持ちもしなくていい
とにかくコストが安いのがいいんです。

そうなると、印刷は鮮明だけどインクがやたら高い現状は、わたしの用途とミスマッチになってきます…

エプソンの互換性インク~店頭編

価格の安い代用品、互換性インクというモノがあることは知っていました。

職場のプリンタはリコーやNECのレーザーですが、純正で27,000円もするトナーを使っています。

これが再生トナーなら9,000円、約1/3です。

職場ではいままで、保守契約していて再生品で故障が起きた場合に保証修理がききませんという業者の脅し文句が怖くて、純正品を使い続けていました。

でも最近、ご多分にもれず予算も少なくなる中、やむにやまれず再生トナーを使用してみたところ、印刷品質も悪くなく故障もないので、職場でも再生トナーが急速に普及し始めています。

そんな中、家庭用インクジェットプリンタの互換性インクも、比較的安くて高品質のものが家電量販店に急速に出回り始めました。

ヤマダ電器の店頭で見たら、純正で6色9,000円のところ、大手の互換性インクは6,000円程度です。純正品の2/3の値段です。これでも、かなり助かりますw

これなら、あまり使い惜しみすることなく印刷できそうです。

そう思ってちょっと割高でしたが、黒インク1,300円だけを試しで購入して使い勝手と印刷品質を試してみました。

結果、表示されないと聞いていた「インクの残量」もちゃんと表示されましたし、モノクロの印刷性能も見たところ純正品となんら遜色はありませんでした。

エプソンの互換性インク~ネット編

そうしているうちに、近頃いろいろと欲しいものがあってネットで注文するようになりました。

Amazon、楽天、ヨドバシ.コムなど ネットでは自分の欲しいものズバリが限りなく安い値段で買えます。

田舎ではあちこちさがしても思う商品はなかなか手に入りませんから、数日待てばそのものズバリを家まで届けてくれるネットは、本当に便利でした。

ネットの唯一の欠点は、「送料」です。

値段が3,000円を超えるようなものは送料無料になるのでネットが割安なのですが、値段が安いものは送料で600円くらいかかるため総額で見るとネットが割高になる場合があります。

その点ヨドバシカメラなら100円でも「送料無料」なので、送料の心配はいりません。
そのように、送料無料のところ、値段自体が安いところなど使い分けながら、ネットを使っていました。

そんな目でネット通販を見ていると、「互換性インク」が目に入るようになりました。

エプソン互換性インクの「比較サイト」を調べたところ、こちら↓がわかりやすかったです。

エプソン互換インクサイトベスト3

ここで下記の、互換性インク 代表3社が紹介されていました。

わたしの目的の「クマノミ」インクで比較してみると…

① インクナビ

クマノミ6色タイプで税込2,980円
3,000円以上で送料無料。
印刷高品質。
プリンタ本体保証あり。

インク革命

クマノミ6色タイプで税込3,200円
4,000円以上で送料無料。
印刷高品質。
プリンタ本体保証あり。

インクパークス

クマノミ6色タイプで税込2,980円
2,000円以上で送料無料。
印刷品質はやや粗い。
インク保証のみ。

以上を比較してみると、印刷品質や本体保証でインクナビ、インク革命の2択のようです。

そうなると、6色セット+黒インクで3,000円超となって送料も無料となるインクナビで決まりですね。

6色セットが家電量販店なら9,000円。インクナビなら

純正品店頭価格の約1/3です。

サイトを見ると、インクの別もわかりやすく、保証や印刷品質の説明も詳しくていねいなものでした。

無料会員登録してから、送料のことで気になったことを質問してみましたが、メールでキチンと回答があり、信頼できる雰囲気が伺われました。

これからはインクの消耗を気にすることなく、思う存分 印刷が楽しめそうです。(*^_^*)

P.S.

後日…。

黒インクの残量が少なくなってきたので、とうとう意を決してインクナビさんの直販サイトに6色セット+黒2本で注文してみました。

3,000円を超えるので送料無料になります。

水曜日の11時半頃、クレジットカードでネット注文です。

で なんと、翌日木曜日18時過ぎには佐川急便で家に届きました。
超早いですね!!

インクは、なければ焦るもの。
これだけ早ければ、今度からは早めに注文する必要もなさそうです。(*^_^*)

------------------------

…それから、1年間使い続けていますが、「増量タイプ」だったためかいまだになくなる気配がありません。

結局、従来はインク代 年18,000円、今は年3,000円。コスト1/6。

これならプリンタインク代は全く気になりません!

ほんとはこうでなくちゃ、ですよね。

インターネットで、モノも値段も消費形態も生き方も劇的に変わってゆく…そんな時代なんだなと、ひしひし肌で感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です