アルファチャートの不具合2 …さよならありがとう

限界ソフト

今日の株価をアルファチャートでふつうにダウンロードしたところ、なんということでしょう。

また、お気に入りが全部消えてしまいました。

前回はパソコンを新調したので環境が変わったから…と思えたのですが今回は環境も変わっていないし、またもやアルファチャートのアンインストール・インストールとお気に入りの復元と何十日もかかるデータダウンロードを繰り返すと思うと、たまりません。(´д`)

前の不具合だってまだデータ10年分の70%ぐらいしか終わってないところでしたのに…。

念のため、前回の直し方で2回やってみたのですが、なぜかすぐまたお気に入りが消えてしまいました。orz

アルファチャートのページ

アルファチャートのサイトを見ても、「よくある質問」のうち

37.お気に入り銘柄が突然消えてしまった。

で対処法は書いてあるようなのですが、copy1、cop2などの下りが何回読んでも今ひとつ理解できません。

ITの取説って、いつもそうなんですよね…作業手順だけ書き放って終わりのことが多いです。

人が理解できるかなんて考えもしないんでしょう。

わたしなんか、パソコンのアップデートなど取説を手順通りやったらできることはできるのですが、なんでできたのかがサッパリわからないし不思議だし、二度とできない、なんてことが多いです。

文系としては、「おおよそこんなことが起こっているので、だいたいこんなようなことをする」という前提のイメージがほしいんですよね…

どうも、パソコンを変えてから(WinVistaをWin10にしてから)このような現象が起こり始めました。

いろいろ原因を考えると、いまのパソコンのCフォルダには64ビットソフト用のProgramFilesフォルダと32ビットソフト用のProgramFiles(×86)フォルダが両方用意されており、後者へのデータ格納と前者からのデータ取り出しの齟齬から不具合が起きているようです。

しかもこれといった明解な対処もなく、この調子では不具合も何回でも起きそうです。orz ;

チャートソフト時代の終焉

もっと堅牢なチャートソフトがないのかと ちょっとはお金を出す気で探してみましたが、意外に手頃なものがありません。

考えてみると、もうとっくにダウンロードして使うチャートソフトの時代じゃなくなってるのかもしれません。

こうなったら、いっそ証券会社のツールだけでどうなのか?とも考えてしまいます。

アルファチャートを使い始めてから15年たち、時代も大きく変わっています。

案外、良い機会かもしれません。

証券会社のリアルタイムチャート

アルファチャートはパソコンからデーダウンロードすることで10年分の月足週足日足が表示できますが、ふだんスマホで使っている「SBI証券 株」だって何もしなくても16年分の月足週足日足が表示できます。

欠点は、スマホだけに手早くは見れないことと、肝心なお気に入り銘柄のRSIがざっくりとしか表示されない点です。

パソコン上のチャートとしての比較対象は、SBI証券の提供している「HIPER SBI」です。

パソコンでデイトレをする機会はほとんどないのであえて使っていませんでしたが、「HIPER SBI」なら下記の利点があります。

①もちろん 無償

②常にリアルタイムでダウンロード済。

不具合は考えられない。(あってもすぐ修復される)

④日足は10年、週足月足で20年分表示できる。

RSIはもちろん、多種多様な指標が自由自在に使える。

⑥SBIサイト内に入らなくても、財務指標やニュース、海外指標などの情報がすぐ確認できる。

特に、②③がとてつもなく大きいですね!

思い立ったが吉日です。
というか、思い立つのが遅すぎました。

慣れ親しんだものにこだわる一方で、変わるときには一瞬で切り替えるのがわたしの性格です。

さよなら、ありがとう

本日から「HIPER SBI」派に転向いたします!

仲良しのアルファくんとバイバイしてちょっと寂しくなるけど、
データに時間もかからず不具合の悩みもなくなって、きっと快適ですよね…(;_;)/~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です