土地と現金

税制のバイアス

5月の固定資産税を納めるたびに思うんですが、保有について不動産と現金は税制がアンバランスじゃないですか?

保有する不動産には毎年1.3~1.6%の固定資産税がかかり減耗しますので、70年程度で税金に吸い取られてなくなってしまう理屈です。


それに対して、現金は保有に対する税金がないので、すり減ることはありません。

現金だけではありません。

預金、債券、株式、金塊、絵画、その他価値のある物品も課税によってすり減ることがありません。

すると土地の評価額が割引であろうとなかろうと、単純に比較して不動産より現金等で持っている方が税制上 有利なのではないでしょうか。

不動産には登記簿があり、固定資産台帳があるという捕捉のしやすさはもちろんですが、課税の不公平ではあります。

マイナンバーで預金、債券、株式等の名寄せ紐付けが行き渡ったときには、捕捉可能な資産への課税が始まるのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です