土地と現金

税制のバイアス

さて、5月の固定資産税を納めるたびによく思うんですが、不動産の保有と現金の保有は税制がアンバランスじゃないですか?

保有については不動産なら1.3~1.6%の固定資産税がかかるのに対して、現金は何もかかりません。


ですから不動産は毎年1.3~1.6%程度減耗して70年程度ですり減ってしまう?のに対して現金はそのままです。すり減りません。

運用したらどうとかは同じことだし、貯金にわずかな利子がつくとかは大勢に影響がないので、この際無視します。

デフレインフレもどっちに転ぶかはわからないので、無視しましょう。

すると土地の評価額が割引になっているとしても、単純に比較して不動産より現金で持っている方が有利なのではないでしょうか。

5月に固定資産税としてまとまったお金を納めるたびに、現金のほうはなにも納めないよなあと思って、いつも腑に落ちない気がします。

単に固定資産台帳があるという捕捉のしやすさだけでしょうか?でも株式も現金同様保有時の課税はないし…

マイナンバーで預金・債券の名寄せ紐付けが行き渡ったときには、何かが変わるのかもしれないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です